定年後の再就職 今からやっておくべきこと

定年後の再就職 今からやっておくべきこと

定年後の再就職 今からやっておくべきこと

 

日本の高齢者を取り巻く環境の変化

 

 2013年4月から、多くの企業の定年がそれまでの60歳から、希望すれば誰でも65歳まで働けるようになりました。しかし今の日本では、4人に1人が65歳以上という超高齢社会が目前に迫っていて、2050年には3人に1人が65歳以上になる社会が、私たちを待ち受けています。

 

 年金も段階的に65歳から支給されることが決まりましたが、今後は年金の支給年齢がさらに引き上がられることが考えられます。さらに年金だけの問題ではなく少子高齢化が早いスピードで進む日本では、高齢者の労働力が欠かせないのです。

 

高齢者フリーターが増える可能性

 

 多くの団塊の世代が定年の時期を迎え、これから退職する人が急増します。なかには退職した後は年金で、悠々自適な生活を考えていた人もたくさんいます。しかし法の改正で60歳で定年退職を迎えても、年金を受け取ることができる65歳までの5年間に、どう収入を確保するかが多くの方の課題です。

 

 ただ定年後の再就職は、想像以上に難しいのが現実です。中高年フリーターという言葉をよく耳にしますが、今後は再就職先がなかなか見つからずに高齢者フリーターが増えることも十分に考えられます。

 

定年後にスムーズに再就職するためには

 

 ではどうすれば定年後にスムーズに、再就職することができるでしょうか?

  • 定年は会社の倒産やリストラとは違い、訪れる時期が判っているので、早めから再就職の準備を行うこと
  • 再就職するために必要な資格などがあれば、計画的に取得を目指すことも大事
  • 定年後再就職をスムーズにするために、転職サイトを利用して早めの情報収集

 

まとめ

 

 定年は誰にでも訪れるものですが、定年後に再就職しなくても悠々自適な生活を送れる人はごく僅かです。しかし定年を迎えてそれから再就職先を探せばよいと考えていると、収入面でも仕事内容も納得がいくような求人を見つけて再就職するのは困難を極めているのは今の日本の現実です。

 

 60代は見た目も若くまだまだ元気な方が多いのが特徴ですが、憂いがない老後を送るためには定年後の再就職はとても大事なことです。

 

 


トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト