シニアの方が転職するための5ステップ

 

 シニアの転職とは、主に50代〜60代の「定年退職者・希望退職者」世代と言えるでしょう。定年・希望退職後も、働きながら有意義に人生を過ごしたいという方がほとんどです。その為、定年後や退職後でも働ける企業に転職を希望しているシニア世代が後を経ちません。

 

 しかしながら、就職難とも言われているこの時代で、シニア世代の転職は厳しい現状にあると言えます。そんなシニア世代の転職を成功させるポイントとなるのは、やはり「正しい転職活動法」にあると言えるでしょう。
どんな転職活動を行えば、転職を成功する事が出来るのか?!その答えは、当サイトでご紹介している、転職活動支援コンテンツを参考にして頂ければ、と思います!

 

1.転職理由を明確に!

 転職理由は人それぞれですが、その転職理由についてを、明確にしておく必要があります。「転職したい!」と転職を決めたのならば、「自分はどうして転職したいと思ったのか?」についてを、じっくりと考えてみましょう。

 

 シニア世代の転職を成功させる秘訣は、「転職理由を明確」に企業側に伝える必要があるのです。

 


シニア転職の心得
シニアが転職に成功するためには計画が大事
シニアの転職の目的とは
転職を希望するシニアは活動の流れを知っておこう
シニア転職者が最も気にしておくべきは体調管理?健康を維持するための方法とは
長期化してしまいがちなシニアの転職活動期間|例外もあり?

 

 

2.情報収集力が鍵!

 転職が決まったら、次は転職についての情報収集を行いましょう。20代、30代の若い世代でも、就職が困難な現代では、情報収集力が転職成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

 

 特にシニア世代の就職は、若い世代から比べると非常に難しい傾向にある為、より一層情報収集力が物を言うのです。

 

 リクナビNEXTや、リクナビエージェント等の転職支援サイトを上手に活用し、転職に有利な情報を逃さない様、常にアンテナを張っておきましょう!

 


行政機関が運営している就職情報サービスって?
シニアの仕事探し
シニアに向いた求人情報媒体とは
シニアの転職希望者ならハローワークへ行こう
雇用形態を正規雇用と非正規雇用の違いを中心にまとめます

 

 

3.希望の企業へ応募しよう!

 転職支援サイトを利用し、希望の企業を見つける事が出来たら、次はいよいよ求人応募へとコマを進めていきます。

 

 しかし、ここから就職を成功させる為には、書類審査に合格する必要性があります。書類選考は、あなたの魅力を自分自身で伝える事が出来ない為、少ない行数でいかに自分をアピール出来るかが、歳代のポイントとなるでしょう。

 


シニア世代の需要がある業界とは?
履歴書と職務経歴書の違い
シニアの履歴書の見られるところって?!
シニアの職務経歴書はここが見られる

 

 

4.面接を成功させるポイント!

 無事書類選考に通れば、次はいよいよ面接です。書類選考では、自己アピールがきちんと出来ている人でも、面接になると途端に自己アピールが出来無くなる人も多くなります。

 

 シニア世代の面接を成功させる為には、まずは面接官の質問を予想し、シュミレーションを行う事がポイントです。接練習を重ねる事によって、上手に自己アピールが出来る様になるのです。

 


面接の「何か質問はありますか」への対応方法は?
面接時の服装
シニアなら志望動機で差をつけよう!
人事に受けそうなシニアの逆質問とは?
知っておかなければ大変!?面接後のお礼状の常識

 

 

5.退社・入社準備で注意しておきたい事とは?

 書類選考・面接を進み、晴れて内定を貰ったら、次は退職・入社準備を行いましょう。特に、退社準備についてはきちんとポイントを抑え、準備を進める様にして下さい。この退社準備で失敗してしまうと、瞬く間にトラブルへと繋がってしまう恐れもあるのです。

 

 退社準備を勧めている間、入社準備も並行して行います。退社の日時を明確にしてから、入社日を決める様にしましょう。

 


自身のキャリアについて考えましょう
円満退職の心得
退社の手続き
入社手続きについて
退職時の有給消化は権利がある!
転職する人はこれに要注意&要確認|シニアの方は特に気をつけて
押さえておきたいビジネスメールのマナーや常識
試用期間とはどんな期間?

 

 

 

 



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト