長期化してしまいがちなシニアの転職活動期間|例外もあり?

シニアは半年程度はかかるでしょう

 

 大変酷なことかもしれませんが、半年間の転職活動期間を覚悟しておいてください。シニアと呼ばれる世代の人が転職先を見つけるのは簡単ではありません。もしかしたら半年では決まらない可能性もあります。

 

 転職市場自体は活発化し、且つ、シニア世代でも働く場がどんどん増えてきている現代の日本社会。しかしそれでも、同じ求人に少々若めの転職希望者が応募してくれば、その人が優先的に採用される可能性が高い。

 

 どうしてもシニア世代というものが不利な点となり、それが転職活動期間を徐々に延ばしていってしまうのです。

 

経歴内容では即決定も

 

 半年程度は覚悟しておきたいところですが、もちろん、転職先が即決定してしまう人もいるはずです。経歴が非常に濃く優秀な人は、転職活動にかかる期間も随分と短くなるでしょう。

 

 管理職を経験している、国家資格など優れた資格・免許を持っている、社会に大きな影響・インパクトを与えたようなプロジェクトや事業に参加した経験がある、大手企業の出身者であるなどの経歴を持っていれば、その経験を生かして欲しいと考える企業は数多あるはずです。

 

 一言でどのくらいとは言えませんが、経歴次第では1か月も要することなく次に働く企業を見つけられるかもしれません。自らの経歴をしっかりと分析し、それを生かせるような企業や分野を発見する。この作業ができれば長い間活動しなくても済むでしょう。

 

期間に関係なく決まれば御の字

 

 20代や30代など、市場価値の高い転職希望者は転職活動にかかる期間をある程度定めてもいいのかもしれません。1か月以内に転職するであるとか、3か月以内に転職できなければ希望等を見直す、などの目標・作戦を立てながら計画を作ることができるでしょう。

 

 しかし、シニアの場合には、転職活動期間に関わらず転職先が決まれば御の字であると考えるべき。そもそも転職すること自体が難しいわけですから当然です。

 

 目標設定や希望等の見直しは必要かもしれませんが、それに縛られることなく自分に合った転職活動を根気強く行うことが重要なのかもしれません。

 

 


シニア転職の心得
シニアが転職に成功するためには計画が大事
シニアの転職の目的とは
転職を希望するシニアは活動の流れを知っておこう
シニア転職者が最も気にしておくべきは体調管理?健康を維持するための方法とは



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト