シニアの転職の目的とは

生活費の補てん

 シニアとは一般には60歳とか65歳からと言われますが、昔なら60歳前後から公的年金を受け取ることができましたが、公的年金の支給開始年齢がどんどん引き上げられてきていますので、「生活費の補てん」を目的に仕事を探すシニア層が激増しています。

 

 物価も徐々に上がってきていますので、定年退職してから公的年金の支給まで無収入で暮らしていけない人は今後も増えるでしょう。

 

 

生きがい

 定年退職してそれほど経済的に困窮しているわけではないが、時間をもてあますよりは、まだまだ元気なので外に出て行って働きたいというタイプも多いです。

 

 今の60代は本当に体力もあって健康ですから、働けるうちはがんがん働いてもらう方が本人も周囲も助かるのです。それに働くことによって、自分の家族以外の若い人ともコミュニケーションをとる機会が増えて、刺激になるでしょう。

 

 認知症の人が増えているそうですが、こうした活発なコミュニケーションが不足していることも一因ではないでしょうか。

 

 

ローンの支払い

 住宅ローンの支払いが退職金が出た後でも終わらない人が激増中だそうです。80歳近くまで支払い予定がある人も少なくありません。そうした人はずっと働く必要があるでしょう。

 

 


シニアが転職に成功するためには計画が大事
転職を希望するシニアは活動の流れを知っておこう
シニア転職者が最も気にしておくべきは体調管理?健康を維持するための方法とは
長期化してしまいがちなシニアの転職活動期間|例外もあり?

 

 



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト