転職を考えているシニアのための簿記検定

 

 日本全体が就職難に苦しむ中、シニアの転職事情も非常に厳しいようです。やはり採用してもらうためには、何かしら実用的な資格を取得しておかねばなりません。何も資格を持っていない人であっても、短期で取得できて実用性が高い資格、それが「簿記検定」です。

 

 簿記検定は、簿記の能力・知識について問う試験です。国家資格ではありませんが、日商(日本商工会議所)が実施している試験で、公的資格に近いと言われています。入門者向けの4級から、上級者向けの1級まで4段階の試験が実施されています。簿記について何も知識がない人は、4級ではなく3級から学習を始めるといいでしょう。4級については、受験者があまり多くなく、取得してもほとんど実用性がありません。そのため、書店などでもテキストが入手できないのです。

 

 3級は就職・転職の役にはたたないと言われることがありますが、中小企業や個人事業主の経理なら3級でも十分だと言われています。2級の勉強をするためにも、3級の知識は不可欠となってきますので、とりあえず3級向けのわかりやすいテキストを購入するといいでしょう。商工会議所主催の講義などもありますので、シニアの方はこちらを利用した方が近道かもしれません。

 

 簿記検定を取得すると、様々なところで経理・簿記処理をすることができるようになります。経理ができる人材を求めているところも多いので、簿記検定をとるだけでかなり就職・転職の幅が広がるはずです。



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト