はたして中高年の再就職は可能か

企業の多くが希望退職募集を出しております。特に30〜40代の希望再就職者を募るのが目につきますが。この年齢層ですと欠員がでても社員の雇用調整を進めている上で都合が良いからどとも言われております、再就職をする側でも今後20〜30年は働けますし採用企業側としても社員教育に時間を余りかけないで実践配備ができるのでキャリアさえ確りしたものを持っていれば就職は可能です。

 

そこで問題なのは第二新卒とか中堅社員の再就職は表立った求人が少ないことです。企業にとっては中高年の受け皿募集が一番少ないのですが次に30〜40代の再雇用組の募集が無いからです。

 

ハローワークで職探しで目に付く人の大半が40歳代以上の中高年者です。企業で一番先にリストラに合うのもこの年齢層ですから再就職の門は更に狭いです。そこで再就職を成功させたいと思ったら採用条件のバーを少し下げることです。40歳代の再就職は働き盛りですし子育てにまだまだお金がかかりますが雇われる身分はどうしても弱い立場ですから我慢するしかありません。

 

ですが・・・ものは考え様で求職活動をしながら失業保険を貰うのにも限界が必ず来ます。前職のような条件に執着していては再就職は無理だと心得るべきです。貴方の持っている程度のキャリアは他の人も持ち合わせておりますしそこには優劣などは・・・あまりないのですから条件を下げて再就職先にとにかく雇用をして貰うことが先決なのです。

 

職に就くのがまず先決です。再就職先でこれまでの経験をフルに発揮し仲間とコミユニケーションが上手くやっていける能力さえあれば人生いたるところに成山ありです。



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト