面接の「何か質問はありますか」への対応方法は?

どんな企業の面接でも最後には、「何か質問はありますか?」という質問がありますが、これは面接してきた中で面接官との質疑応答に対して、候補者はどの程度理解しているのか、会社や業務に興味があるのかといったことを確認したいという意図があり質問をしてきます。

 

お勧めサイト
転職サイト30代 | http://30dai-tensyoku.net/

 

この質疑応答の返答によって、面接官は、候補者の理解度を確認するとともに人生の中で重要視していることを知ることとなり、場合によっては面接の明暗をわけることになります。

 

的を射た良い質問をすれば、希望するポジションが自分に合っているのかを確認できるだけでなく、面接官に、この候補者は多面的に考えることができて、問題解決能力も高い候補者として印象づけることができます。よって、どんな状況でも大丈夫なように、最低でも3つほどの質問を準備しておくと良いでしょう。

 

また、面接官が求めるような質問しようとする場合には、希望ポジションに対して業務スペック以外に求められる資質や、チームの組織構成やチームとして必要なこと、業務上の一日のフローなどを質問すると良いでしょう。また、チームとしてまたは企業として今後目指して行く方向性など、自身が企業にどう貢献できるのかをイメージさせることができるでしょうし、また自身も業務や組織、会社をより深く理解できるでしょう。

 

悪い質問例としては、「聞きたいことは聞きました」というような返答は、面接官には会社に興味がない、無関心な候補者と感じさせます。さらに気をつけたいのは、これまで築いた面接の印象を台無しにしてしまうような質問をしてしまうことです。「有給はどのくらいとれますか」「給与は今後どの程度あがりますか」など、この会社で働くことよりも福利厚生や個人の利益になることを重要視するような質問をしてしまうと、業務に興味がないと思われて面接では悪評価になりかねません。



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト