シニア転職者にマストな“悪目立ちしない”プライドの保ち方

これまで培ってきた実力や経験を誇りに感じるのは、誰しも当然のことです。ましてや転職という大舞台にあって、守り刀のように強く意識する場面も多くなります。

 

しかしプライドが前面に出てしまうと、「扱いにくい」「柔軟性がない」といったシニア特有のイメージが、就職活動の妨げともなりかねません。

 

自分から猛アピールすれば転職が成功するわけではなく、むしろ逆効果となることもあります。自意識過剰の「悪目立ち」を抑制し、自分の良さを効果的に伝えるためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

履歴書・職務経歴書における悪目立ちの回避法

“魅力的な”履歴書は読みやすい履歴書

転職活動の第一歩ともいうべき作業は、「履歴書の作成」ですよね。シニア層の転職にとって、書類選考突破は狭き門。担当者が思わず読んでしまう魅力のあるような履歴書や職務経歴書ができれば、どれほど楽になるでしょうか。

 

多くの場合、履歴書の作り始めは時系列で書き出すところから始めます。新卒ならばそれでも良いですが、経験の長いシニア転職者は、もうひとつ最初にすべき作業があります。それはアピールポイントのリストアップ。

 

とにかくこれまでの経歴の中から、役立ちそうなものをすべて書き出してください。行なった仕事、参加したプロジェクト、受賞歴などなど。そしてそこに“強弱”をつけていきます。つまり、よりアピール度の高そうなものと、省略しても良いものをはっきりさせていきます。

 

出来上がったら、ここで時系列に整理していきます。先ほどの強弱を活かして編集をかけながら、記載していけば、作業が楽に勧められます。読んでもらえない書類は、見た目にもダラダラとしています。単に文字数が多くて悪目立ちしても、読む気がしない文書となっては最悪です。履歴書に付ける要約文も、職務経歴書の詳細文も、箇条書きが基本と心得てください。

 

職務経歴書では、さらに説得力のあるストーリー性をもたせます。在籍していた部署内での問題と行った改善点を使用前・使用後のように書き分けてください。自分がどんな働きをしたのか、誰が読んでも一目瞭然となるよう心がけます。ただし、自慢げな表現はNGです。あくまで客観的かつシンプルにいきましょう。

 

ここでも最初に作成したリストの“強弱”が威力を発揮してくれるでしょう。リスト化は記憶の掘り起しと同時に、応募企業に一番理解してもらいたい自分を伝える支柱となるもの。履歴書用紙を前にして、さて、と書き始めるよりもずっと効率的に作成ができるはずです。

 

効果的なことばは陳腐である

誰もが使いたくなる「履歴書用」のことばがあります。「経験豊富」「知識が豊か」「集中力が高い」「チームワーク」、最近では「問題解決能力」などでしょうか。

 

これらが散りばめられた履歴書や職務経歴書は確かに“立派”に“それらしく”見えるかもしれません。けれども、みんなが使うということは、担当者が「見飽きている」文面になっているということです。

 

自分はこんなに素晴らしい人間なのだ、と強調したいのは誰もが同じです。ところがことばのチョイスに関してまで、他の人と似た様な結果となるのは残念すぎます。

 

履歴書や職務経歴書を書き上げたら、ありがちなワードばかりが並んでいないか、確認してみてください。他の表現に変えるなど、推敲を重ねます。表現的に変更が難しい場合には、裏付けとなる数値を入れてみるなどして差別化を図りましょう。

 

転職のために作成する書類は、他人の目で「読みやすく」「興味深く」。できる限りの説得力を持たせると、“強い”履歴書となります。ぎっしりと文字を並べた目立ち方ではなく、いかにスマートに目を引くかがポイントです。パッと見て読む前からうんざりしないよう、行間、文字の置き方など適度な空白にも神経を使ってみてください。

 

面接における「優秀アピール」の逆効果

“優秀な人材”に定義はある?

企業での人事裁決権をもった人に対する「優秀な人材の定義」についての調査結果では、「優秀な人材」を定義付けすることは難しいという回答がもっとも多くなっています。

出典元:求人GSTYLUS

 

密かに自分では「優秀だ」と思い込んでいても、企業側が求める優秀さはその時々によって違います。ある部分について、ことさら優秀アピールをしたところで、高評価につながるかどうかはわかりません。

 

特に、外資系企業ならばいざ知らず、一般的な企業であれば押し付けがましい態度は好まれません。「それほど優秀ならばウチではなく他所へどうぞ」と陰でいわれてしまうのがオチです。

 

優秀かどうかは、自分ではなく相手企業が判断することです。過去の経緯、事実を過不足なく述べ、その上で入社後に自分はどう貢献していけるかという予測を、具体的に伝えられれば自ずと評価は下されます。

 

「ひたすら自慢」は見苦しい

面接で優秀な人物だと認められたいばかりに、暑苦しいほど過去の成果や業績を申し立てる人もいます。特にシニア層では、自分の経歴にプライドをもっているので、他者からも賞賛を得たいと願うのでしょう。しかし、例え「大したものですね」といってもらえても、それで採用されるとは考えない方が良いでしょう。

 

わが身を振り返れば、他人の自慢話が苦痛にしか思えなかったという経験に思い当る人は多いのでは?面接では、過去の栄光よりも、むしろ挫折や障害について語った方が説得力があります。どのような困難をいかにして乗り越えてきたかは、経験者でなければ伝えられないものです。現実的な対処の力こそ、シニアが誇る能力となり得ます。

 

適当な自慢話はその場での一応のプライドを保てるかもしれませんが、実際の現場で役に立つかどうかはまた別の話なのです。

出典元:@type

 

転職後に良好な人間関係を築くには

入社後に浮きまくる転職者のパターン

転職は入社がゴールではありません。めでたく就職が決まっても新しい会社になじみ、本来の力を発揮できる状態になるまで、転職の成功とはいえません。

 

シニアの転職は、とかく力が入り過ぎて周囲と浮いてしまうパターンが多くみられます。そうならないためにも、反感をもたれる言動には気をつけなければなりません。

 

  • 前社・実績・キャリア自慢
  • 会社の問題点の指摘
  • 会社の現状否定
  • 上から目線
  • 成果を出そうとして焦る

 

これらは、年齢が高い転職者ほど陥りがちな問題です。前職での経験などについては、自分から言い出さなくてもそれとなく周囲には伝わっているものです。また、実務を通して能力の高さはすぐに理解されるはず。あえて口に出す人は、それだけ自信がないのかもしれません。

 

また、いくら年齢が高くても「新入り」には変わりありません。入った途端、大物気取りであれこれ指図したり、会社の批判などはもってのほかです。

 

ことさら下手にでる必要はありませんが、若くても「先輩」「上司」の立場の人間に敬意をもって接するのは社会人として当然です。自分ができる人間であることを一刻も早く証明したいという気持ちはわかりますが、まずはその会社の状況把握に努め、着実に成果を上げられるように進めていってください。

 

愛され期待される転職者に

シニア転職者だからと特別に奮起するのではなく、これまでの社会人として身に付けた素養を当たり前に活用していけば、十分に評価されていくでしょう。

出典元:エン・ジャパン

 

会社に慣れるまでの間だけでも、早めの出社を心がけてください。意欲をもって新しい仕事に取り組む姿勢が伝わります。

 

その際、あいさつは必ず自分から声をかけるようにします。気づかないうちに、「古株」の意識が身について、部下からあいさつされるのが習慣になっているかもしれません。しかし、転職後は「新人」です。身をもって規範を示すつもりでいきましょう。

 

同様に、これまでは担当範囲を超えた仕事や雑用をするなどなかったとしても、転職後は自分から進んで動いてください。それだけ会社のさまざまな部分に触れることができ、早く業務を覚えられます。若い頃を思い出し、新鮮な気持ちになれるかもしれませんね。

 

シニア転職者でもっとも重要なのは、気負わずに質問するという態度です。その会社特有のシステムや新しい仕組みに戸惑うシーンは、誰でもあるでしょう。妙なプライドは業務の邪魔になるだけです。メモを取りながら、素直に、確実に、をモットーに新しい仕事に取り組んでいってください。



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト