試用期間とはどんな期間?

 

シニアの転職希望者が増えているそうです。シニアの転職希望者の中には生まれてはじめての転職活動という人も大勢いるでしょう。そういう男女にとって、耳慣れない単語が「試用期間」かもしれません。

 

「面接の際に、採用担当から“入社してから3か月間は試用期間がありますから」と言われたけど試用期間って研修みたいなもんだろう」と軽く考えて、内定し、入社しようと思って雇用契約書を見たら、「試用期間中は時給800円」と記載されていたりします。

 

試用期間中は社会保険の加入はさせてくれても、時給で支払われることが多いのに注意しましょう。

 

 

試用期間とは“お試し期間”

試用期間中に首になるおそれもある…入社してからそれをはじめて知ったというシニアの転職希望者もいるそうです。シニアの人たちが新卒で就職活動をしていたころには試用期間は一般的にはあまりなかったのです。

 

試用期間中に解雇される可能性もあります。試用期間ということで本採用が見送られている状況ですから、“わが社にとって不適格”であると会社から判断された場合は一方的に着られる可能性もゼロとは言えません。

 

 

時給で支払われる点にも注意が必要

試用期間は更新される可能性もありますので、家族の分まで生活費を稼がないといけないシニアはあらかじめ心構えが大事です。

 

「試用期間は最初の三カ月だけだと聞いていたのに、半年以上更新されている」というケースも増えてきています。悪質な場合は社会保険にも加入させず、更新し続けて人材を使い潰すという会社もあります。

 

自分の入社した会社がどうなのか?迷ったら労働局などに相談をしてみる手もあります。本採用の全権は会社にあるのでトラブルを起こすとまずいです。

 

 

 

 

 



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト