転職する人はこれに要注意&要確認|シニアの方は特に気をつけて

求人や面接時の説明と違う点は?

入社後の注意点と確認点、これを知ってから転職することが大切です。もし知らないままに転職してしまえば、会社との関係や人間関係などで苦労することになるでしょう。

 

求人で得た情報や面接の時に説明された内容、これと実際に働き出して感じたことや得たものに違う点はないか、入社後はできるだけ早くこれについて確認しておいてください。

 

なあなあにしないこと。シニアの方の中は転職できただけで満足し、多少の不満や約束と違う部分があっても「しょうがないか」と済ませがちですが、明らかにおかしい点については改善を申し入れたり相談したりしなければなりません。

 

 

間違えたくない“目立ち方”

実績をそれなりに持っている人だと、転職後に悪い目立ち方をしてしまうことがあるようです。自分の知識や技術、過去の栄光等をひけらかしたり、あるいは年齢が上だというだけで他の社員に偉そうな態度を取ったりなど、こうした目立ち方はしてはいけません。

 

入社後に目立ちたいなら、仕事で結果を残すことで目立つべき。過去の実績や態度で目立っても意味はありませんし、むしろこうした行動は自分の立場を危うくしてしまうだけなので、できるだけ働き易い環境を保つためにも、目立ち方を間違えないようにしておきましょう。

 

 

陰口はどんな場合でも厳禁です

入社後についついやってしまいがちなのが、陰口を叩くこと。自分が中心になってこうしたことをする人は少ないかもしれませんが、新入社員を自分の味方につけようと古参の社員が近づき、他の社員の悪口を言ってくるというのはよくあることでしょう。

 

そうした手口にのらないことが大切です。どのような陰口であっても、それを自分で口に言ったり広めようとはしないでください。仮に誰かが誰かの悪口を言ってきたとしても上手くかわし、どちらの味方でもないスタンスを崩さないようにしなければなりません。

 

このあたりの捌き方はシニアだからこそ上手にできること。もし年の功を発揮するのであれば、こうした社員との関わり方で思う存分発揮してもらいたいものです。

 

 

 



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト