面接時の服装

清潔感のあるきちんとした服装で

年齢に関係なく、面接には清潔感のあるスーツ姿で現れるのが常識です。黒か紺のスーツがふさわしいでしょう。グレーでももちろん構いません。ジャケットの下は白いワイシャツかブラウスが望ましいでしょう。シニアになると少し柄や色が入ったシャツを選んでしまいがちですが、面接の場では、やはり白い色の、且つ、無地のワイシャツかブラウスを選択するようにしてください。

 

スーツ・靴・バッグはできれば新調しましょう。費用はかかりますが、本来、転職はそのくらいの気合いがないと到底乗りきれないのです。入社してからもなるべくきちんとした格好で働きたいですよね。靴やバッグも、もちろん派手なものは控えなければいけません。高級ブランドのものもできるだけ避け、せめて面接時は無難なアイテムを選択したいものです。

 

ネクタイにも要注意。こちらも派手なものは避け、できるだけシンプルなものを選んだ方がいいでしょう。細かな部分にその人の人間性が現れます。面接官はそれも見ているのです。

 

男女ともアルバイト・嘱託・パートなどの面接の場合でも、できれば黒のスーツ姿で面接会場に行きたいものです。最低でも黒のジャケットくらいははおること。上下ともにデニムは絶対に不可です。靴は黒がふさわしく、スニーカー等は不可です。

 

清潔感ですが匂いがきつすぎる香水は不可です。香水の匂いであっても、それが強すぎればマナー違反と捉えられてしまいます。スーツや靴、カバンなどが汚れていないかも、面接直前に必ずチェックすること。特に背面は意識してチェックしないと気づきにくいですから注意してください。

 

 

ヘアスタイルや身だしなみで第一印象が決まります。

面接は第一印象で半分以上、勝負がつくと言われています。シニアの方は、もしかしたら、その傾向が強いのかもしれません。

 

ヘアスタイルですが、女性で染めている人は黒に戻した方が無難です。似あっていればいいという人もいるかもしれませんが、基本的には不可です。もちろん男性も黒色が無難。

 

シニアの方は白髪が生えている方もいるでしょう。この場合、特に手を加える必要はありませんが、しかし、黒色や自然なブラウン色に染めておくと若々しさが増し、面接官へ与える印象がより一層良いものになるかもしれません。もし髪の毛を染めるのであれば、まだらにならないよう、美容室などに行きプロに染めてもらうことをお勧めします。

 

なるべく前髪で顔が隠れないように後ろにまとめましょう。男性も前髪が長い場合には切っておいてください。整髪料をつけて整えておくことは必須ですが、これも香水と同じように付け過ぎたり香りが強いものを選択することは避けなければいけません。

 

寝癖をつけたまま面接に臨むのも厳禁。だらしない人という印象を植え付けかねませんから、これも直前にしっかりと確認し整えておくようにしましょう。

 

目立つピアスやネックレス、ブレスレットなどのアクセサリー類は、できれば付けないほうが無難です。指輪も結婚指輪程度にとどめ、その他のものは外しておきましょう。

 

男性は、髭の剃り残しなどが無いように注意しましょう。女性は化粧の具合にも注意しておいてください。あまりにも厚化粧であったり不自然な化粧の場合には第一印象が下がってしまいます。

 

 

 

 

 



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト