シニアの履歴書の見られるところって?!

「志望動機」が最重要ポイント!

履歴書の「志望動機」の欄は空欄にしないようにしましょう。採用担当者は応募者の基本データを見てから、「志望動機」を必ずチェックします。どうしてこの会社に入りたいと思ったのか?自分なら何が出来るのか?・・・をアピールしましょう。

 

 

最近では「エントリーシート」や「レジュメ」も重要!

求人サイトを利用して仕事探しをする場合、履歴書の代わりに「レジュメ」や「エントリーシート」を登録しなくてはいけません。採用担当はレジュメの「職歴」や「応募にいたった理由」を必ず読むでしょう。

 

レジュメは頻繁に更新する必要があります。採用担当者が見て、“この人に会ってみたい”と思えるような内容を登録しておかないとなかなか面接まで行けません。ネットの求人サイトをフル活用して応募できる企業を探しましょう。

 

 

形式はわりと自由でいい

応募書類は手書きでもパソコンでもどちらでも可です。最近ではパソコンで自作する人が増えてきましたが、履歴書や職務経歴書は基本的に自由なスタイルでも構いません。ダウンロードしたテンプレートに不要な欄があったりしたら削除して、自己をもっとPRできるように改変してもよいのです。

 

 

 

 



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト