雇用形態を正規雇用と非正規雇用の違いを中心にまとめます

先を考えることでわかる違い

 

 まず最初に、雇用形態を正規雇用と非正規雇用という、大きな括りに二分して考えてみましょう。こうすることで、あなたが転職する時にどちらの方に意識を向けるべきなのかがわかりやすくなると思います。

 

 シニアの場合には、特に先のことを考えることをお勧めします。先のことを考えた時、どうしても気になるのが契約期間のことでしょう。急に解雇されたら困りますし、1年間限定の契約というのも不安が募りますよね。正規雇用と非正規雇用の違いはまさにここにあります。

 

 正規雇用は契約期間が決められていないので、入社したらしばらく働くことができ、非正規雇用の場合はこれが決められているので、まさに限定的な働き方となってしまうのです。

 

 となると収入にも違いが出てくるでしょう。正規雇用は安定しており、非正規雇用はいつその収入が途切れるかわからず、しかも正規雇用よりも少ないのが相場となっています。

 

二分するのが難しくなってきている雇用形態

 

 正規雇用と非正規雇用の違いは、上で挙げたように、雇用期間と収入に焦点を当てて考えればよくわかるのですが、最近は、このように完全に二分するのが難しくなってきているようです。

 

 準社員と呼ばれる形態もありますし、シニアの場合には非正規雇用でも十分に稼ぐことができる形態も出てきているのです。

 

 正規雇用と非正規雇用の違いとしてよく挙げられる福利厚生。これも、非正規雇用社員であってもある程度の時間と期間働ければ、その会社の正規雇用社員と同じような福利厚生を得られる会社も増えてきています。

 

シニアにとって大きな違いとは

 

 シニアの転職希望者にとって、正規雇用と非正規雇用の大きな違いは、“就けるか就けないか”なのかもしれません。

 

 つまり、シニアにとって、正規雇用として転職するのはかなりハードルが高く、決して簡単なことではないのです。逆に、非正規雇用であれば雇ってくれるところは正規雇用と比較すれば、それなりにあると言えるでしょう。

 

 もっと言えば、応募できるか否かでも違いが出てくるのかもしれません。応募のハードルが低いのもまた、非正規雇用となりそうです。

 

 


シニアの仕事探し
シニアに向いた求人情報媒体とは
シニアの転職希望者ならハローワークへ行こう



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト