シニア世代の需要がある業界とは?

シニア世代の需要がある業界とは?


 まだ働く意欲があるのに働く場所がない、それがシニア世代の悩みでした。

 

 アルバイトの年齢制限も60歳までのところが多いですし、実際は60歳までと書かれてあっても若い世代の応募があればそっちを優先するのが一般的でした。しかしそんなシニア世代の求人に最近変化が現れつつあるようです。

 

 特に人材不足の流通業界でシニア世代の求人が増えつつあります。例えば荷物の仕分け作業。これは比較的単純な仕事であることが多く、扱うものが重いものとなればシニア世代では難しいかもしれませんが、軽めのものを取り扱うところであれば需要は決して少なくはないでしょう。倉庫内での作業、事業所内での作業などの求人がないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 シニア世代には何といっても長年の社会人経験の人生経験があります。ビジネスマナーや接客マナーを知らない若い世代と比べても即戦力になるとシニア世代の求人が見直されてきているのです。それに日本は今後超高齢化社会を迎える事になるので、人材確保という意味でもシニア世代は戦力となるでしょう。
 この点で考えた時に需要がありそうなのが、レストランやカフェ、ファストフードなどの飲食店での接客業です。実際、そうした場所で働くシニア世代の方達も以前より目にするようになってきているような気がします。

 

 今挙げたような場所であれば、厨房での調理作業、これもシニアが担える仕事であり、需要が増えてきている仕事と言えるでしょう。料理経験がほとんどなかったとしても、作業工程のほぼ全てがマニュアル化されているお店が増えているため、シニアの方でも安心して働ける環境も整っているようです。

 

 シニア世代の需要がある業界というか職業で定番のものといえば、清掃業でしょう。施設、お店、マンション、トイレなど、世の中には掃除をしなければならない場所が山ほどあり、そうしたところで働く高齢者も非常に多い。難しい仕事ではありませんから、こちらも積極的に探し、チャレンジしてみてもいいのかもしれません。

 

 ただフリーペーパーではあまり60歳以上の求人を見かけません。それにシニア世代はネットはよく分からないという人も少なくないので就職サイトを使えない場合、求人を探す場所はシニアハローワークです。

 

 市役所やシルバー人材センターなどに設置され全国の公共施設の中にあります。またシニアハローワークでは求人情報だけではなく、再就職支援セミナーやキャリアカウンセリング履歴書の書き方など、就職活動のイロハを教えてくれる場所です。シニア層の若い頃と今とでは就職活動も全く違っていますよね。

 

 これを読んでいるということはインターネットも扱えるのかもしれませんが、そこから一歩進んで求人サイトに登録してみてもいいのかもしれません。きっとフリーペーパーやハローワークよりも多くの仕事と出会うことができるでしょう。

 

 まだまだ元気で働きたい、社会の役に立ちたいというシニア世代に働く場所がどんどん増える社会になる方が、若い世代にとっても自分の老後にも選択肢が増えて安心して暮らせる世の中に近づけるのではないでしょうか?



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト