シニア層が就職する理由とは

シニア層といっても、その定義はいくつか混在しているように思います。50歳代後半からとか60歳代後半以降といった具合に。ここでは60歳代前後から、ということで考えていきたいと思います。

 

そのシニア層が就活…? 昔なら悠々自適に老後の生活を満喫…といった夢を多くの男性諸氏は思い描いていたでしょうが、どうして今、そいうは言っていられない世の中になってしまったのでしょうか?それは少子化や年金不審、非正規雇用と低給による掛け金の不払い、これに引きかえ高齢社会は本格化していく中で、年金原資の枯渇による年金受給年齢の引き上げや掛け金の増額、年金受給額の減額、そして核家族化による“支え”の欠如からくる自助努力の必要性等々、まさに定年だからといって自由気ままに生活していけない時代に突入してしまっているようです。

 

だから50代に突入した頃から転職を視野に入れたライフプランを…という必要性を唱える声が出てきます。このとき過去に培ったスキルにこだわることも就活力(転職力)を引き出すためには必要かもしれませんが、若い頃と体力も発想の柔軟性も違っています。周囲の考え方も方法も違ってきています。ですから過去の職歴に過度に固執することなく、柔らかい発想で、広く求人に目を向けることも必要だという向きもあります。それにはこれまでの人生を振り返り、自己の職歴や趣味、思い出作り等の棚卸を行い、そこに横たわる共通点を見つけることで、思いがけない本当の自分が見えてくることもあります。

 

今まで我慢していたことに着手したりというのもいいかもしれません。更に、転職力を付ける有力な武器として「資格」取得が挙げられます。ですから50代になって、もし何の資格も持っていないようでしたら、自分に向いていて、且つ仕事の需要が多く、できれば途切れにくい需要であって、年齢に左右されず活用できる資格がいいですね。例えば、社会保険労務士とか行政書士、少し難しくなりますが司法書士や弁理士等の法務系がいい例です(弁護士は敢えて外しました)。できれば法律に守られている国家資格であって、独占資格であって、独立開業が可能な資格がお奨めです。



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト