シニア転職の心得

シニア世代の転職


 シニア世代で転職をする場合には、これまでの経験やスキル、マネジメント経験により差がありますが、すぐに勤務先が見つかりにくいため金銭的に周到な準備が必要です。

 

 男性の場合には、マネジメント能力を求められることが多くたとえば、営業職の場合では、これまでの売上げや契約実績、取引先とのパイプラインなどの他に、組織をまとめる力として、個人、社内のチームとして目標を掲げてどのように達成してきたのかを明確にしておくと、業界や職種によっては十分に役職として転職できる可能性はあります。
 しかし年収については現状維持かダウンすることは覚悟しておく必要があるでしょう。

 

 

シニア世代の仕事探しの心得

 シニア世代で仕事を探す場合には、長期戦になることを覚悟して、これまでのネットワークやタイミングを駆使しながら離職期間の生活費を確保してくことが大切です。

 

 またいつでも面接にいけるように自己のこれまでの実務経験やスキルの棚卸をしながら、職務経歴書を準備しておくことが必要になります。
 求人情報を得るためにハローワークに通いながらも、中高年を対象にした求人をあつかっている人材派遣会社に登録して情報を収集しながら、様子を見るスタイルがベストです。

 

 

効率よく転職するには

 失業中ならハローワークに登録しながら人材紹介会社にも登録して、情報収集をしながらシニア世代が働きやすい業界や人が不足している業界を探すこと、在職の場合には、転職希望者を対象としている財団法人の産業雇用安定センターに登録してみるのも大切です。

 

 また地方には高度技術者を対象にして人材を誘致するUターンセンターなどもあり、都心で培った技術を地方の活性化のために役立てられる雇用機会もあるため、常にネットを駆使して情報収集をすることがより効率的に転職する近道です。

年齢問わず豊富な転職求人情報!転職するならリクナビNEXT!



トップページ シニアの方が転職するための5ステップ おすすめ転職サイト